泉屋のスタッフブログ: 【大宮メモリアルホール】エンディングノート

【大宮メモリアルホール】エンディングノート

スタッフブログ

大宮メモリアルホール

葬儀について

【大宮メモリアルホール】エンディングノート

2021年11月16日 担当者:【大宮メモリアルホール】エンディングノート

いつも泉屋スタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
泉屋大宮メモリアルホールの西家と申します。
 
普段は、終活セミナーの講師を担当させて頂いており、泉屋で作成している終活歩みノート(エンディングノート)の書き方や葬儀の豆知識を皆さまにお伝えさせて頂いております。
 
そんな私ですが、今年の10月に腎臓の摘出手術を行いました。病名は、腎細胞癌です。
 
現在32歳ですが、今までこれといった病気や骨折すらした事がありませんでしたが、たまたま腰痛で整形外科を受診し、レントゲンを撮った事から病気が発覚しました。
幸いな事に、早期発見だった為、腫瘍は摘出し、今後は定期的に検査を行う予定です。
 
普段皆様に、エンディングノートの書き方という事でお話しをしているにも関わらず、自分のノートを書いた事がありませんでした。
しかし、今回の病気をきっかけに(冗談交じりですが)妻からも「エンディングノートを書いといてや、葬儀の事とか分からへんから」と言われました。
 
よくよく考えてみると、あまり家で仕事の事を詳しく話ししないので、最近は家族葬や一日葬、無宗教葬やゼロ葬など、色んなやり方がある事も知らないんだな。とその時に分かりました。
私自身、初めて「死」をイメージし、エンディングノートを書いておかないといけない。と思いました。
 
エンディングノートは、自分自身や身近な方に「死」を感じる事がなければ、書こうとすら思わないと思いますが、葬儀社で働いていると、書く時間もないままに葬儀を迎えている方も少なくありません。
 
エンディングノートの記載を含め、終活というのは、将来残された家族が葬儀の手配や色んな手続きなどで大変な思いをさせない為の、一種の保険だと思います。
生命保険や医療保険に加入されているのと同様に、皆さまも一度、エンディングノートを書く事から終活を始めてみてはいかがでしょうか。
 

 
※終活歩みノート(エンディングノート)には、葬儀の希望はもちろん、ご家族ご親族の連絡先や医療と介護・終末期に関する事、葬儀後のお墓や財産、葬儀後お願いしたい手続きなどを記載する項目があります。

関連スタッフブログ

泉屋はお客様をお待たせいたしません。

お急ぎの方へ お急ぎの方へ

free dial 0120-804-142

お電話は、24時間365日対応しております

私たち葬儀プランナーが承ります

  • 相談員
    相談員 わたなべ ファイナンシャルプランナーCFP
    厚生労働省認定
    二級葬祭ディレクター
  • 相談員
    相談員 さだくに 厚生労働省認定
    二級葬祭ディレクター
  • 相談員
    相談員 にしはた セレモニーアドバイザー
    相続診断士
  • 相談員
    相談員 おおはら セレモニーアドバイザー
  • 相談員
    相談員 ふくだ 厚生労働省認定
    二級葬祭ディレクター

事前相談・資料請求をご希望の方へ 事前相談・資料請求をご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

葬儀に関する不安やご要望はお気軽にご連絡ください。
  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 自宅で葬儀をしたい
  • 最適な式場を探したい

5,000円分の葬儀割引券をプレゼント中