神式のご葬儀は私たち泉屋にお任せください丨【公式】大阪、奈良で葬儀・お葬式・家族葬・直葬・終活セミナー・事前相談なら「泉屋メモリアルホール」

神式のご葬儀

神式のご葬儀

神式イメージ


神道の葬儀について

神道におけるお葬式を神葬祭(しんそうさい)と呼びます。

神葬祭は仏式葬儀とは異なり、故人を極楽浄土や天国に送るための儀式ではありません。

神葬祭は、故人が家を守る神様となるように祈るための儀式です。神道では、すべての人間は神の子であり、この世での役割を終えると神々の住む世界に帰って先祖の魂とともに子孫を見守るものと考えられています。

そのため、神葬祭では別れを惜しむよりも、前向きな気持ちで故人が神となることを祈った方が、故人への手向けとなります。

神式のご葬儀の流れ

1 ご逝去

  • 病院で亡くなられた場合はこちら

  • ご自宅で亡くなられた場合はこちら

もしもの時は、まず泉屋にご連絡ください

ご連絡先 free dial 0120-955-794 (24時間・年中無休)

専門のスタッフが、24時間365日、いつでもすぐに対応いたします。
その際、故人様のお名前、病院名、ご連絡者様のお名前とご連絡先、お連れする場所、宗旨・宗派、病院での待ち時間等 をお教えください。速やかに病院へお迎えに参ります。
その他、ご要望等ございましたらまずはお電話ください。専門の係員が丁寧に対応いたします。

住宅事情やその他種々の事情でご自宅にお連れする事が出来ない場合は、直接ホールに安置することも可能です。

病院を出発する用意をする

病院でお世話になった方々へお礼を述べ、出来るだけ早く死亡診断書をもらい、入院費用の精算を早いうちに済ませておきましょう。 病院に置いてある故人の荷物を整理し、引きとる準備をします。

病院でご遺体の搬送業者を紹介される場合がありますが、事前に葬儀社が決定していれば、お断りいただいても失礼には当たりません。

神道の葬儀メモ

神道では、死去したことを”帰幽”と言います。暗いところに帰るという意味がある言葉です。
神道の場合、人が亡くなった際、帰幽奉告(きゆうほうこく)をします。まず神棚、祖霊舎(御霊を崇敬してる場所)に封をします。神棚には白紙を貼ります。
また神として祭っている物(掛け軸・お札等)は外し白紙に包み覆います。

  • 往診してもらっている
    医師がいる場合

    ご自宅に来ていただき、死亡が確認されれば死亡診断書を作成してもらいます。

  • 医師の診断を受けて
    おられない場合

    警察に連絡し、検死を受け死体検案書(死亡診断書)を医師に作成してもらい、警察で検死済印をもらいます。

    ※警察の指示があるまでご遺体を移動することは出来ません。

泉屋にご連絡ください

ご連絡先 free dial 0120-955-794 (24時間・年中無休)

専門のスタッフが、24時間365日、いつでもすぐに対応いたします。

その際、故人様のお名前、亡くなられた場所、ご連絡者様のお名前とご連絡先、お連れする場所、宗旨・宗派等をお教えください。速やかにお迎えに参ります。

その他、ご要望等ございましたらまずはお電話ください。

専門の係員が丁寧に対応いたします。

神道の葬儀メモ

神道では、死去したことを”帰幽”と言います。暗いところに帰るという意味がある言葉です。
神道の場合、人が亡くなった際、帰幽奉告(きゆうほうこく)をします。まず神棚、祖霊舎(御霊を崇敬してる場所)に封をします。神棚には白紙を貼ります。
また神として祭っている物(掛け軸・お札等)は外し白紙に包み覆います。

2 ご安置(枕直し)

ご安置

寝台車にてご遺体をご自宅またはホール霊安室等にお運びした後、ご安置いたします。
お頭は北向きでお寝かせします。北向きにお寝かせすることが困難な場合はお部屋の上座にお頭が向くようにお寝かせします。
神道では故人のお頭を北向きにご安置すること、そして枕飾りをすることを「枕直し」と言います。

3 斎主への連絡

寺院への連絡

斎主との打ち合わせ

斎主にご都合をお聞きし、通夜、葬儀の日程と斎員の人数などを決めます。

神社とのお付き合いが無い場合は、ご紹介も行っておりますので泉屋へご相談ください。

4 通夜祭、葬場祭の打ち合わせ

葬儀の打ち合わせ

喪主を決める

故人と最も血縁の濃い方が喪主になるのが一般的です。
喪主は、葬儀の主催者です。遺族の代表として弔問を受けなければなりません。また、霊祭(仏式の法要)、納骨、式年祭(仏式の年忌法要)なども責任を持って務める必要があります。

葬儀の規模・形態・内容を決める

故人様の遺志を尊重し、予想されるご会葬者の人数などにより、葬儀の内容と規模を決定します。

玉串料・供花供物の受付について

玉串料(仏式の香典)・供花供物を受けるか辞退するかの決定を行います。

葬儀の細かい内容の決定・見積りのご提示

式場、祭壇、生花装飾、受付の有無、湯灌、車両関係、料理関係、供養品、棺、仏衣、その他オプション品を決定します。その後、見積り概算金額のご提示を行います。

5 関係者への連絡

関係者への連絡

訃報連絡

一般的なご葬儀では、親族の他に友人、会社関係者、自治会長などにも葬儀の日時と場所を伝えることが多いようです。
近年希望される方が多い【家族葬】では、親族はもとより親しかったご友人・知人・ご近所にはお知らせし最後のお別れをしていただきましょう。

6 納棺

納棺

湯灌の儀

故人の愛用品を棺に入れる

火葬の都合上、ガラス製品や金属製品、その他爆発のおそれがあるものを入れるのは避けてください。
(※火葬場により、副葬品を規制しているところがあります)

7 通夜祭・遷霊祭(通夜)

通夜祭・遷霊祭(通夜)
  • 開式・・・斎主入場 遷霊祭(みたまうつし)通夜祭 玉串奉奠
  • 閉式・・・斎主退場 喪主挨拶
  • 直会(なおらい)仏式の通夜振舞にあたるものです
  • 明日の葬儀の準備
    • 玉串奉奠、弔電の順位決定
    • 供花、供物、直会(なおらい)料理の確認
    • 玉串料(祭祀料)の準備

※神道では御布施ではなく「玉串料又は祭祀料」といいます

ご葬儀の準備などは全てスタッフがサポートさせていただきますので、ご安心ください。

8 葬場祭(葬儀)

葬場祭(葬儀)
  • ご遺族様参集
  • 直会(なおらい)料理の数量決定
  • 供花・供物の確認
  • 着付け・ヘアー
  • 司会者との打合せ(玉串奉奠順位・弔電・お手紙等)
  • ご親族様参集
  • 斎主様へご挨拶(玉串料又は祭祀料のお渡し)
  • 葬場祭の流れの説明
  • 開式・・・斎主入場 葬場祭 玉串奉奠
  • 閉式・・・斎主退場 喪主挨拶

9 発柩祭(出棺)

発柩祭(出棺)

遺族や近親者、故人の友人により最後のお別れをします。
最後のお別れでは「別れ花」といい、祭壇の前に供えていた生花を故人様の周りに飾るように手向けていきます。この時、棺の中に故人様が愛用していた遺品を納める方が多くいらっしゃいます。

ご乗棺

近親者、えにしのある方々のお手に抱かれ、霊柩車にご乗棺します。

出棺

霊柩車、タクシー、親族マイクロバスに分乗し、火葬場に向かいます。

10 火葬祭(火葬)

火葬祭(火葬)

火葬場に着き、ご遺体をご火葬する前に行う儀式が火葬祭です。

炉前に棺を安置し、斎主による祭司の奏上を行います。
そして、喪主、遺族、親族、の順に玉串奉奠を行い、拝礼し、棺を火葬炉に納めます。

11 帰家祭・十日祭

帰家祭・十日祭

火葬場から戻ったら、神官にお祓いをしてもらい、会館に入ります。
葬儀が無事終わったことを、報告するのが帰家祭です。仮霊舎に霊璽や遺骨、遺影を飾ったら、一同着席します。

斎主が葬儀が無事終了したことを、守護神に奉告する祭詞を奏上し、斎主、喪主、遺族の順に玉串奉奠を行います。

最後に一同拝礼をして、帰家祭が終わります。

葬場祭を行った当日のうちに、十日祭をそのまま行うこともあります。これは、本来は亡くなった日から数えて十日後に行う忌日祭の一つです。

斎主により、祭司奏上、玉串奉奠を行います。

12 直会(なおらい)

直会(なおらい)

仏式でいう精進落としのお食事のことを言います。
ご拾骨までの火葬時間の間に行います。喪主による挨拶の後、故人をお偲びお食事(仕上げ料理)をお召し上がりいただきます。

13 拾骨

拾骨

ご拾骨

再びマイクロバス等車両に乗り、火葬場にてお骨上げを行います。

14 終了・散会

喪主による挨拶の後、返礼品・お下がり品のお渡しとお見送りを行います。

15 後飾り

後飾り

ご自宅にて遺骨、霊璽、遺影写真を五十日祭まで後飾り檀にお祀りします。ご返却物を返却してもらい、ご請求書・後飾りの説明を係りの者よりお聞きいただきます。

16 ご葬儀後のアフターフォロー

お葬儀後の各種手続きの方法(健康保険の返還・年金・金融機関・生命保険、等)についての説明を、係りの者よりお聞きいただきます。

  • voice voice お客様の声

  • faq faq よくある質問

  • Q 湯灌の際、肌を見られるのでは?

    A 故人様が女性でも男性でも、湯灌中、お着替えの際にもお肌をお見せすることはございません。故人様やご遺族様のために、十分な配慮がなされておりますので、ご安心くださいませ。

  • Q 泉屋「こころの会」の内容は?

    A 所定の申込用紙にご記入いただき、ご入会金1万円を添えていただくだけで、お葬式費用に差が出る会員制度です。年会費や月掛け金等の費用は、一切かかりません。会員様の特典、割引をご利用いただくのはもちろんですが、何より、もしもの時の備えとして、ご安心いただける制度となっております…

  • Q 積み立て会員制度(互助会)と泉屋の違いは?

    A 互助会というのは、ご入会時にコースを選び、それに応じた満期額に対して約10年間、月々の掛け金を積み立てることにより、結婚式または葬儀のサービスを受けることができるといった会員制度です。当社泉屋メモリアルホールは、葬儀専門業者ですので、互助会ではございません。泉屋の会員制度…

泉屋はお客様をお待たせいたしません。

お急ぎの方へ お急ぎの方へ

free dial 0120-955-794

お電話は、24時間365日対応しております

私たち葬儀プランナーが承ります

  • 相談員
    相談員 わたなべ ファイナンシャルプランナーCFP
    厚生労働省認定
    二級葬祭ディレクター
  • 相談員
    相談員 さだくに 厚生労働省認定
    二級葬祭ディレクター
  • 相談員
    相談員 にしはた セレモニーアドバイザー
    相続診断士
  • 相談員
    相談員 おおはら セレモニーアドバイザー
  • 相談員
    相談員 ふくだ 厚生労働省認定
    二級葬祭ディレクター

事前相談・資料請求をご希望の方へ 事前相談・資料請求をご希望の方へ

葬儀に関する不安やご要望は
お気軽にご連絡ください。

葬儀に関する不安やご要望はお気軽にご連絡ください。
  • 費用のことがよくわからない
  • 身内だけでひっそりと葬儀をしたい
  • 自宅で葬儀をしたい
  • 最適な式場を探したい

5,000円分の葬儀割引券をプレゼント中